FX 入門したら塩漬けは色々失うと覚えておきたい

FX 入門では、塩漬けという手法を覚えておくことが大切ですが、なぜFX 入門として塩漬けがダメかを覚えておかなければいけないか具体的に考えてみます。塩漬けがまずいのは、色々なものを失ってしまう可能性があり、まずは大量の資金を失ってしまうことが考えられます。

塩漬けをしているということは、動かせないポジションがあるということですから、証拠金はそのポジションに縛られてしまいます。ということは、損失以上に使えるお金が少なくなるということです。そして、資金力の少ない人が、塩漬け状態になってしまうと、身動きが取れなくなってしまいます。

せっかく、チャンスとわかるような相場がきても、資金を動かすことができないので、チャンスも失ってしまうのです。また、塩漬けをするということは損失を抱えるということでもあります。損失を抱えるということは、その損失について一日中考えてしまうことになるかもしれません。そうすると、精神的な余裕まで失ってしまう可能性があり、少し考えただけでも、塩漬けでは色々なものが失われることがわかります。塩漬けをいつまでもしているより、早めにロスカットして、次の取引に備えた方がメリットが大きいといえるでしょう。